お役立ち情報

経営者保証に関するガイドライン 説明5

経営者保証に依存しない融資の一層の促進のため、 対象債権者(銀行等)は、次の対応に努めるものとする。     対象債権者は、停止条件または解除条件付保証契約、 ABL、金利の一定の上乗せ等の経営者保証 […]

続きを見る

生命保険で法人のお金をストックできます 節税効果あり

企業経営には潤沢な資金が必要です。   事業の拡大や先行投資、事業の再構築、 又は赤字補てん(財務保障)など、 あらゆる場面を想定して、余裕資金を確保しておく事が重要です。     一般的に […]

続きを見る

経営者保証に関するガイドライン 説明4

経営者保証に依存しない融資の一層の促進のため、 法人、経営者及び銀行等(対象債権者等)は、 それぞれ次の対応に努めるものと定められています。     主たる債務者(法人)が経営者保証を適用することなし […]

続きを見る

経営者保証に関するガイドライン 説明3

経営者保証に関するガイドラインについて、 今回で3回目の解説となります。   今回は、 ガイドラインの適用対象となり得る保証契約について まとめておきます。     ガイドラインは、以下の全 […]

続きを見る

経営者保証に関するガイドライン 説明2

今回は、経営者保証の準則について解説します。   ガイドラインから読み取れる内容で顕著なのが、 経営者は法人個人の一体性を解消する事、 または法人個人の一体性を明確に区分・分離し、 社会通念上適切な範囲を超えな […]

続きを見る

経営者保証に関するガイドライン 説明1

本項では、経営者保証に関するガイドラインについて解説してまいります。   このガイドラインは 中小企業経営者における経営者保証等の課題全般を、 1.契約時の課題 2.履行時等における課題 の両局面において整理。 […]

続きを見る

これからの相続対策 相続と介護

これからの時代の相続対策について、課題を挙げます。   昨今、男女ともに 平均寿命 男性80歳・女性86歳と 健康寿命 男性70歳・女性74歳に 約10年の差が発生しています。   この事を踏まえ、 […]

続きを見る

債務超過は銀行評価を悪くする

債務超過とは、 債務者の負債の総額が、資産の総額を超える状態を指します。 言い換えると純資産の部がマイナスになっている状態です。   ↓ 債務超過状態のバランスシート(純資産がマイナスになっています) &nbs […]

続きを見る

生命保険で銀行融資を有利にする施策

生命保険には、 保障や節税効果以外のメリットがあるのでしょうか?   結論、あります。 銀行の決算書評価を良くする事ができ、 融資交渉を有利にできる効果がございます。     生命保険で積み […]

続きを見る

創業期に資金繰りのヒントあり

経営者様がライフプランを実現する為には、 資金ショートを防ぐ財務体制が必要不可欠です。     では、資金ショートを防ぐ為には、どのような経営が必要なのでしょうか。   1つのヒントは創業期 […]

続きを見る

当期純利益は純粋な現金増加額ではない

損益計算書(P/L)は 売上と費用、利益が載っている為、 1年の経営成績を振り返る事ができます。   利益が出ていれば、その分お金が増える!   ・・・と思いがちですが、実際は少し違います。 &nbs […]

続きを見る

役員報酬を受け取る意味

役員報酬は経営者様への報酬ですが、 いざという時、会社の運転資金に充てる為の準備金とも言えます。   会社の資金繰りが苦しくなった時、 銀行からお金を借りる事はなかなかできません。   会社のピンチだ […]

続きを見る

生命保険は進化している

生命保険の世界は進化しています。     昔はこんな商品ありますよ、とセールスすれば売れる時代がありました。   この時を第一世代だとすると、 第一世代の主役は生保レディ、いわゆる保険のおば […]

続きを見る

連帯保証債務から考える企業防衛とは

連帯保証人は単なる保証人と違い、 融資を受けた債務者と同じという解釈となります。   民法452条の催告の抗弁権や、民法453条の検索の抗弁権、 そして民法456条の分別の利益といった 主張が一切できません。 […]

続きを見る

サラリーマンの節税の幅が広がる

サラリーマンも節税の幅が広がりそうです。   普段、仕事で着ているスーツや、 日経新聞などの費用が、 もしかしたら、確定申告をすれば 税金が返ってくるかもしれません。     これはサラリー […]

続きを見る

メールでお問い合わせ

ページの先頭に戻る