お役立ち情報

経営者保証に関するガイドライン 説明1

2014/3/3

本項では、経営者保証に関するガイドラインについて解説してまいります。

 

このガイドラインは

中小企業経営者における経営者保証等の課題全般を、

1.契約時の課題

2.履行時等における課題

の両局面において整理。

 

それと共に、中小企業金融の実務の円滑化に資する

具体的な政策的出口について継続的な議論が行われました。

 

 

その結果、平成25年5月、

課題の解決策の方向性とともに

当該方向性を具体化したガイドラインの策定が適当である旨の

「中小企業における個人保証等の在り方研究会報告書」が公表されました。

 

 

 

経営者保証に関するガイドラインの目的は、

マクロ的に見ると「日本経済の活性化に資すること」です。

 

 

細かく分けますと、

1.法人、経営者及び銀行等(対象債権者)において

合理性が認められる保証契約の在り方を示すこと

 

2.1の関係において、継続的かつ良好な信頼関係の構築・強化

 

3.中小企業のライフステージにおける取り組み意欲の増進

 

4.中小企業金融の実務の円滑化を通じ、

中小企業の活力を一層引き出すことが挙げられています。

 

 

 

■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■

有限会社アイ・プラザ

「中小企業経営者のための保険戦略講座」メール配信中!

セミナー開催情報のご案内

お問い合わせはこちら

勧誘方針・個人情報保護方針はこちら

 

 

メールでお問い合わせ

ページの先頭に戻る