お役立ち情報

これからの相続対策 相続と介護

2014/3/1

これからの時代の相続対策について、課題を挙げます。

 

昨今、男女ともに 平均寿命 男性80歳・女性86歳と

健康寿命 男性70歳・女性74歳に

約10年の差が発生しています。

 

この事を踏まえ、 終末期をどう生きるかが重要となっています。

 

 

以下3点において、介護と相続は密接に関連しています。

 

したがって、

相続対策と介護対策を一体で考えることによって、

はじめて”争族”対策が実現致します。

 

 

1.誰が介護をしてくれるのか

介護者の労に報いたいという思いを 遺産として残したい場合、

遺産分割への十分な配慮が必要です。

 

 

2.どこで暮らしているのか

例えば「2世帯住宅&同居人による介護」と

「親の自宅での介護」で介護費用の負担もさることながら、

相続税の負担も大きく異なってきます。

 

※同居の親族が相続した場合、

「小規模宅地等の特例」が適用となり、

相続税課税の評価額が80%減額となります。

 

 

3.一生続く介護費用はいくらかかるのか

相続対策に偏りすぎる(例:贈与による現金移転を過度に行う)と、

介護が必要になった場合に手元キャッシュ不足により、

思うような介護が受けられなくなる恐れがあります。

 

 

これら3点に対し、生命保険は下記の点で最も有効な手段となります。

 

1.受取人固有の財産(=遺産分割の対象外)である。

法定相続人以外の特定の人にも、 遺産を残すことができます。

 

2.今ある財産以外から、

新たに生命保険金という現金を持ってくることができます。

納税資金、遺産分割資金を捻出することができます。

 

3.介護保険金は被保険者本人が受け取れるため、

相続対策(死亡時は指定した人が受け取り)ともに、

要介護時の担保(手元現金不足の回避)にもできます。

 

 

■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■

有限会社アイ・プラザ

「中小企業経営者のための保険戦略講座」メール配信中!

セミナー開催情報のご案内

お問い合わせはこちら

勧誘方針・個人情報保護方針はこちら

 

 

メールでお問い合わせ

ページの先頭に戻る