お役立ち情報

創業期に資金繰りのヒントあり

2014/2/25

経営者様がライフプランを実現する為には、

資金ショートを防ぐ財務体制が必要不可欠です。

 

 

では、資金ショートを防ぐ為には、どのような経営が必要なのでしょうか。

 

1つのヒントは創業期にあります。

 

事業を始めたばかりで経営に余裕がなく、

日々、事業拡大に励んでいた時、

会社の資金はどのように使われていたでしょうか。

 

 

例えば設備購入、商品の仕入れ、

テナントの借り入れといった、

前向きな投資に使われた事が多いのではないでしょうか。

 

 

創業期の資金繰りは余裕がありません。

 

つまり、限られた資産だけで、

会社を成長・発展していかなければならない状況なのです。

 

 

しかし、これほど目的が明確だと、経営に隙が生まれません。

 

 

本来、経営に必要な資金とは、運転資金です。

取引先への支払いや、借り入れ返済、

従業員の給与などです。

 

 

初心忘るべからず。

 

本当に必要なものは何か?

改めて見直す機会を持たれると良いかもしれませんね^^

 

資金繰りのヒント、財務対策など

無料で情報メールを配信しております。

 

よろしければ週1回、ノウハウを取り入れてみませんか。

 

 

■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■

有限会社アイ・プラザ

「中小企業経営者のための保険戦略講座」メール配信中!

セミナー開催情報のご案内

お問い合わせはこちら

勧誘方針・個人情報保護方針はこちら

 

 

メールでお問い合わせ

ページの先頭に戻る