お役立ち情報

生命保険は進化している

2014/2/17

生命保険の世界は進化しています。

 

 

昔はこんな商品ありますよ、とセールスすれば売れる時代がありました。

 

この時を第一世代だとすると、

第一世代の主役は生保レディ、いわゆる保険のおばちゃんです。

必殺のGNP(※国民総生産ではありません)ですね。

 

 

当時は、定期保険特約付き終身保険が主力でしたが、

バブル崩壊後、収入が上がり続ける時代が終わると、

世代交代が始まります。

 

 

−−今日から生命保険が変わる。ライフプランナーが変える。

とは、ソニー生命の有名なフレーズです。

 

ライフプランナー、ライフプラン•コンサルタントと言った

保険営業パーソンが生まれます。

 

これが第二世代。

 

 

セールスは、適正な保障に見直しましょう!

つまり、コンサルティングセールスの始まりです。

 

 

適正な保障とは、

現在においては終身保険の上に逓減定期保険(収入保障保険)を

組み合わせるプランですね。

 

保険の見直しが一般化し始めたのも、この頃からだと思います。

 

 

 

 

そして、これからの保険の選び方はどうなるか?

 

間違いなくライフプランニングありきの、保険加入でしょう。

 

 

家計の見直し、保険の見直し、自分年金作りなど、

個人レベルでさえも、生活設計で考えるべきテーマが多いのです。

 

 

だから、我々保険営業パーソンはお客様の意向を理解し、

その意向に的確に合わせたプラン提案をし、

推奨理由•商品ごとのメリット•デメリットをお伝えする(情報提供義務)

 

 

そういったコンプライアンスに沿った、

適正な保険営業パーソンが選ばれる時代だと思います。

 

 

生命保険の世界は進化しています。

もはや従来の保険販売だけという限られた分野ではないのです。

 

個人のライフプランニングは、

もはや銀行•郵便局で考えるのではなく、保険営業パーソンに見てもらう。

 

これから、ますますその潮流が強くなっていくと思います。

 

 

■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■―□―■

有限会社アイ・プラザ

「中小企業経営者のための保険戦略講座」メール配信中!

セミナー開催情報のご案内

お問い合わせはこちら

勧誘方針・個人情報保護方針はこちら

 

 

メールでお問い合わせ

ページの先頭に戻る